第4回くるりん講座を開催しました


2210月1日(土)市民活動サポートセンター(くるりん広場)において、第4回くるりん講座が開催されました。

目からウロコ!市民活動のいろは ~皆さんの“ミッション”は何ですか~

と題し、長野県NPOセンターの山室秀俊さんから、市民活動団体の中でもNPOに焦点を絞り行政との協11働のすすめ方、運営の仕方、法人取得について説明を受けました。

公共的サービスへのニーズが多様化し、市民が公共領域で役割を担う「新しい公共」の考え方が紹介されました。また、NPOの「非営利」という意味について「利益を分配しない」、「ボランティアが意思決定する」の2つの面からわかり易い説明がありました。

市民活動・NPOは利益のためではない活動をするもので社会的使命=ミッションの33ために働くという観点が必要であり、「社会・地域にある問題・課題」と「あるべき姿・方向」とのギャップを埋める解決策を実行し、社会をより良く変えていくことが使命だとのことでした。

後半はNPOを法人化することに関する解説、長野県NPOセンターが運営している市民協働サポートセンターの紹介がありました。

講座を通して、協働の担い手としてのミッションを常に追求する活動が求められていることを改めて認識しました。