みんなで光城山を守ろう!


11月26日(土)桜の名所として名高い光城山では、地元区の小さいお子さんからご高齢の方までを中心とした約80名のみなさんにより、60本の桜の苗木を植栽しました。sakuraプロジェクト
「昇り竜」として親しまれている光城山の桜を後世に残していくため、平成26年に設立した「光城山1000人SAKURAプロジェクト」では、老木化が進む光城山の桜の補植、光城山の歴史・文化の伝承や自然環境の保全活動に取り組んでいます。
市民と市との協働による本プロジェクトでは、活動過程において多くの方が関り、できることを、できる方が、役割分担をして主体的に行動していくことを大切にしています。
鹿による食害対策の防護柵作成や、人力による現地までの資材運搬など、地元区から、多くの方の協力により、様々な課題を解決してきました。
市民のみなさんにとって身近な里山を、これからもみんなの手で末永く守り育てていきたいものです。