市民協働ワークショップ ~第1回~


7月23日(日)、豊科交流学習センター「きぼう」を会場に『市民協働ワークショップ』の第1回が開催されました。参加者は、高校生から年配の方まで、計23名。地域課題や資源の抽出や発掘、解決方法や実現に向けたプランニングなどに挑戦する中で、『協働』の理解を深め、協働の担い手を育てるというプログラム編成になっています。
第1回のメイ協働ワークショップ第1回ンワークは、『ワールドカフェ』。今後のワークショップを円滑に進めるため、お互いの考え方や意見を共有し、時には共感しながら理解を深めるために行いました。共通のテーマは『5年後、わたし(僕)は、あづみ野で何していたい?』で、一人ひとりが思いや構想を、模造紙に書き留めていきます。数回、グループを移動し、他者の考えや思いにそれぞれ耳を傾け、お互いの思いを共有し、膨らめます。
最後に、参加者全員の前でグループ発表が行われました。終始和やかな雰囲気の中、多くの参加者から「楽しかった、有意義だった」「こういうワークショップは初めて、新鮮だった」という意見をいただきました。